初めて脱毛サロンに行く時、何を着ていけばよいかと迷ってしまう人は多いでしょう。

脱毛サロンでは、施術前に専用のウエアに着替えます。
ワキだけの施術でも、ブラジャーやタンクトップは施術の邪魔になるためはずします。
ウエアはバスローブやムームーのようなもので、ビキニラインなどの脱毛ではペーパーパンツに履き替えるサロンが多いようです。

脱毛サロンに着ていく服装は、着脱がしやすく、施術後の肌に負担をかけないことが第一で、おしゃれより実用性を重視して選びましょう。

大抵の脱毛サロンでは施術後のアフターケアで肌を落ち着かせてくれますが、それ以上に脱毛後の肌はとても敏感で抵抗力も落ちているので、肌がヒリヒリしたり、何かしらのトラブルを起こさないために、しばらくは肌に刺激を与えないことが大切です。

肌に直接触れる下着はできるだけゆるめのものを選び、アウターも肌に擦れたり締め付けない、ゆったりとしたものがおすすめです。

特にVラインやIラインの脱毛後には、ジーンズ素材やレギンスやスキニー、ストレッチパンツは締め付けが強いため、避けた方がよいでしょう。

肌に優しい綿素材がおすすめで、紫外線から肌を守るために、肌が日に当たらないように配慮し、ゆったりとした長袖やロングスカートなどがおすすめです。

服装について疑問があれば、前もって脱毛サロンのスタッフに相談して解決しておきましょう。