脱毛サロンでつい契約を交わしてしまったが、やっぱり止めておけばよかった、すぐにでも解約したいという人は、クーリングオフをおすすめします。
脱毛サロンの勧誘は以前に比べるとそれほど強引ではなくなりましたが、スタッフの上手なセールスにのせられて、全く希望していないプランを契約してしまう人も少なくないようです。脱毛も高額なプランになると、支払いも容易ではありません。
クーリングオフは既に広く知られている制度ですが、一定の期間内であれば理由を問わずに契約を一方的に解除することができる消費者のための制度です。
これは脱毛サロンでの契約にも利用できるのです。
ただしクーリングオフが可能なのは条件に当てはまる場合だけで、その条件とは、契約した日から8日以内であること、契約期間が1カ月以上であること、契約金額の総額が5万円以上であることです。
この条件を満たしているのなら、紙面に契約を解除する旨と契約した日、契約内容などを書いて、8日以内に相手の脱毛サロンへ郵送します。
投函した日が8日以内であれば有効ですが、念のために内容証明郵便か、簡易書留など、日付を確認できる方法で送ることをおすすめします。
8日以上経過した場合、クーリングオフは適用されませんが、中途解約することはできます。脱毛サロンではいくら勧誘されても慎重に決断することが大切ですが、もし間違って契約をしてしまった時のために、クーリングオフの制度を知っておきましょう。